尿漏れなどの加齢によって起きる症状を華麗に対処していこう

高齢の女性

更年期障害の解消法

杖をつく手

更年期には、女性の体では変化に対応するまで、更年期障害と呼ばれている色々な症状が起こります。そして治療として、エストロゲンの補充がおこなわれています。また、エストロゲンを抑えるプロゲステロンも補充されることが多いです。

Read More

更年期に多い症状

元気な女性

うつ病と並び現代病ともいわれるのが自律神経失調症です。様々な症状があり、主にストレスによって発症します。不調を感じたら診断を受け、自分に合った治療を行いましょう。早めに治療することで、改善も早まり費用の負担も減ります。

Read More

症状を改善させる

医師に相談する女性

尿漏れは女性に多い症状です。その中でも一番多いとされているものが腹圧性尿失禁というものです。お腹に力を入れることで起きるもので、妊娠や出産加齢が原因で発生することがあります。

Read More

漏れを防ぐ方法

尿漏れを治療してくれるクリニックはここに載っています!女性の3人に1人は悩んでいると言われています!

どの様な治療方法があるのか

悩む老人

尿漏れとは、トイレ以外の場所で何らかの行為を行っている際に、ふとした衝撃で、本人の意思とは関係なく尿が漏れてしまう症状の事を指します。 例えば、クシャミや咳をしてしまった場合であったり、女性の場合だと性行為の際に気が抜けてしまい、尿漏れが起きてしまうことがあります。 その他にも、妊娠中や出産後に起きやすくなったり、加齢によって筋力が低下した症状の一つとしての尿漏れ現象もあります。 これに対して、現在では様々な治療方法や医薬品や尿漏れ防止のショーツなどが販売されているので、泌尿器科・婦人科と言った医療機関の他に、薬局などでも気軽に医薬品や対策用のグッズを購入する事が出来ます。 しかし、本人にとっては恥ずかしい症状である事に変わりないので、掛り付け医や信頼できる医療機関で相談される事が大切になります。

尿漏れを起こさない注意点と予防方法

尿漏れは、男性女性の区別無く起こる症状ですが、どちらかと言うと女性が悩みやすい症状と言われています。 それは、膀胱から尿道口までの尿道の長さに関係してると言われています。 男性の場合は、ペニスが存在する分だけ尿道が長くなりますが、女性には存在しない為、尿漏れが起こりやすくなるのです。 その為、尿漏れを起こさない注意点としては、トイレで尿を排泄する時には、最後までしっかりと出し切り、決して慌てて排泄を終わらせようとはしないと言う事が大切になります。 その他にも、ウオーキングなどで下半身の筋力を鍛えておくことも重要になります。 また、予防方法としては、尿道口周辺部分の筋肉を鍛え、尿漏れの発生を抑えると言う方法があります。 やり方としては、トイレで尿を排泄する際に、一気に排泄をするのではなく、3回に区切って排泄する方法です。 尿を少し排泄した時に尿を意識的に止めたら、たちまち残尿感に襲われるはずですので、それを10秒くらい我慢し、それを3回位繰り返して筋肉をトレーニングするのです。